2017年全国彫紙アート展にむけて!林敬三先生の背中押しメッセージが熱い!

こんにちは、メグです^^

今年も「全国彫紙アート展」の季節がやってきました。

 

究極に自分と向き合い、今の自分が創れるベストな作品を創るべく
全力を傾ける時であります🔥❗

 

今年も作品展に向けての林敬三先生のアドバイスが、自分の作品の枠を広げてくださいます❗

 

 

時間が足りないときは枚数を減らすことも考えてみましょう。
枚数と作品の良し悪しは比例しません。
少ない枚数で小気味よいアート作品ができればそれがベストなのです。
そして今持てる力を出し切ればよいのです。来年はもっと良い作品ができるのですから。
時間に余裕がある人は、ちょっと冒険をしてください。
思い切った表現で来場者に「私の作品どうよ!!」と問うてみるのがいいでしょう。
自分からパンチを繰り出すのです。パンチのない作品は観てもらえません。
冒険をすることによって殻を破ることができます。

 

 

テーマはどうしよう、構図はこれでいいのか、いざ1点に絞り込もうとすると、
頭の中のあちこちから勝手気ままな意見小僧が続出して、
混乱する様子を大喜びで楽しんでいるような状況ではないでしょうか?
迷い道に入ってしまったら、こう考えましょう。

出品か否かで迷ったときは、出品だ!
自分が感動したのはどっちだ。
自分らしいのはどっちだ。
バランスがいいのはどっちだ。
シンプルなのはどっちだ。
ストーリーが感じられるのはどっちだ。
メッセージが伝わり易いのはどっちだ。
自分の家に飾りたいのはどっちだ。
自分が好きなのはどっちだ。
他人に見せたいのはどっちだ。
自信を持てるのはどっちだ。
崩れた面白さがあるのはどっちだ。
色の比重がいいのはどっちだ。
アートは自由だ、一人よがりでいいのだ。
きれいな袋より破れた袋のほうがアートだ。
他人がどう観ようがそんなことはどうでもいいのだ。
今回は実験だ。年一回の実験の場だ。
展示会場で一番目立ってやる。
さぁ、迷いから目を覚ませ!

自分らしくて

ストーリーが感じられる

メッセージが伝わる

作品が創りたい。

ちょっと冒険もしてみたい。。。❗

 

目立つとか出来る性格じゃないから

作品で目立ってみたいですねー😚

 

しかし、言うのはカンタン・・・💦

 

普段も作品創りはできていない・・・

今の自分にどこまでのものが創れるか・・・

 

がんばろう💪🏻

 

 

スポンサードリンク
彫紙アートの関連記事
  • TV世界まる見えで放映「彫紙アートとは」 紙を彫るってなんぞや?!
  • 彫紙アートの作り方!写真から下絵を作り出産祝いのカードを作ります!
  • 彫紙アートで作るクリスマスのアートフレーム 下絵の無料プレゼントも!
  • 紙で創るアート「彫紙アート」と「ペーパークイリング」の魅力の共通点とは
  • 彫紙アート 下絵の作り方 林敬三先生の教え「写真を利用する場合の心構え」
  • 全国彫紙アート展2017入賞作品を見てと林敬三先生の講評から思うこと
おすすめの記事
映画・漫画
陽が沈む空。 さて、今夜から始まりましたよ♪ 東京タラレバ娘 日本テレビ公式サイト 先日買った最新刊の第7刊は、 またとんでもなくいい...
確実にトシをとる
Stray_Pic / Pixabay
つぶやき
久々に、以前同じ部署だった 一回り歳上のパートさんと話しをする。 町の健康診断を受けて、 「骨粗しょう症」っぽいって 仕事は私よりも動...