馬場さんの泣ける曲 馬場俊英「右と左の補助輪」息子が夢に出てきた話

こんにちは、メグです^^

 

今朝がた見た夢がなんと、小さい頃の息子の夢。

現在はもう24歳になっていますが

 

2年前に就職で家を出て一人暮らしをしている息子です。

スポンサードリンク

夢の内容は

 

夢はどんな夢かといいますと、いや、内容はしょうもない夢なんですが

 

まだトイレトレーニングをしている頃であろう、何歳位かな3歳くらいなのかな

ちょっとわかりませんが・・・

そんな小さい頃の息子が

 

「おかあさんおかあさん!出ちゃう!」と言って走ってきます。

 

「出ちゃう?!何が??!!」

 

「うんこ!!」

 

「ええっ、そりゃ、やばい!」

と言ったかどうかなのですが

 

そこで「オムツにしちゃえ」と息子に言おうと思ったのですが、息子が

「早く脱がなきゃ!!」と言うもんですから、

 

おっとそうか!トイレでする気なんだ!

と思い、トイレに駆け込み必死でパジャマみたいなズボンやらを脱がせて

便座に座らせ、

 

「ふう、間に合った~~~~」

 

というお話し。

 

ははは、おかしいですよね~、何でそんな夢見たんだろう

「右と左の補助輪」

子ども達のことを想う時に浮かぶ、これっきゃないという馬場さんの曲があります。

 

それが「右と左の補助輪」という曲。

 

〽指で数えて みれば すぐに辿れるほどの季節なのに
語り尽くせない 時の流れ 君が僕らのすべてだった

馬場俊英「右と左の補助輪」

優しい語り口で始まるこの曲は、

素直に子供を想う親の気持ちの曲なのですが

 

 

馬場さんの歌は、口に出すのがほんとに照れくさいような想いを

当たり前にストレートに歌詞にしてくれるので

 

「君が僕らのすべてだった」

なんて、言えませんよね~普通ね

 

でも

「そうそう、そうだったんだ~」と心の奥の方に押し込めているものを

ぐっとつかまれ見させてもらってしまう

 

この曲もそんな曲で

 

ライブで馬場さんがこの曲を歌うとあちこちで鼻をすする音が聞こえ・・・

 

もちろん私もいつも、小さかった頃や、苦労した頃を思い出し、自然と泣けてしまうのです。

息子のことを少し

ここで少し息子の話をさせてください〜

 

私自身は女三姉妹、、産まれた最初の子も女のコでしたし、

男のコとは縁がない。。。

 

よく「男の子は難しい」と言いますよね~

 

確かに男の子ってわからんかった!

不思議で、よく想像もできないことをやらかしてくれてました。

 

例えば食べたくないものをどこに隠してたと思います??

ベランダにあるクーラーの室外機の下とかですよ

そのままポンっと置いてあったり

 

はぁっ?!?!?!

 

そして、性格が私と似ているので、大人しめで、あまり自分の思ったことをうまく言えない
良くいえばシャイな子だったので

 

そして、私達夫婦も今よりはマシとはいえ、仲良くはなかったですし、

夫は育ちが少し複雑だったので

(それを理由にしてほしくはなかったのですが)

子ども達に対して父親として、とか、積極的に関わるとか

なかったものですから

 

私も父親役、母親役・・・(と私が勝手に思ってるだけかもですけど)
それでも私もよくわからずに必死ではありました。

 

そんな感じだったので、小学校卒業までは少し不安定だったのではと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

その彼が中学生になって出会ったのが「和太鼓」!

 

 

地域でやっていた太鼓チームの練習に通うようになって、

そしてまた、

そこの師匠がとても素晴らしい人格の方で

 

多分、時に父であったり、兄であったり関わってくださり

毎日毎日、夜、練習に通い、

息子にとってはとてもいい環境、人達にに出会えたことと

 

そして打ち込める「太鼓」というもので

彼も自分を出したり、表現したり、で発散できたのでしょうか

 

よくグレずに育ってくれたなぁと

 

いやー、太鼓と出会ってなかったら、と思うと、、、

 

そして、その師匠でなかったらと

本当に本当に感謝しています。

 

 

そして多分彼にとっては、一番大変だったであろう時期は、

 

 

高卒で、憧れだった大きなプロのチームに合格し!

 

しかし、したものの

完全自炊、家族と連絡を取るのも手紙だけ、団員だけの寮生活やら、遠い地での環境等になじめず・・・

 

なかなか見守るこちらもつらい時期でした。

 

この頃はもう、馬場さんがライブでこの曲を歌うと泣ける泣ける

 

 

結局は彼はそこを辞めてすぐに帰ってきてしまうことにはなるのですが、

 

 

しかし、そんなこんなで今は

 

 

神戸のプロのチームでお世話になり、太鼓を叩いています。

 

 

どんな家でも必ず、子供達は何かしら大なり小なりいろいろとあるハズで・・・

 

でも、やっぱり子供達は本当に天からの授かりもので

どんな子でも、親は可愛いのです。

 

 

小さい頃は毎日子育ても戦争!

もう必死で、そしていろんなことも起きますし、やらかしてくれますし、

 

カワイイと思える余裕がなく

走ってきてしまい

 

 

でも、こんな風に馬場さんの優しい曲で改めて

子供達の大切さを想わせてもらえるのです。

 

 

 

 

コチラで聞いていただけます😘↓

Uta-Net 動画+

 

 

そして、余談ですが、涙を拭いて息子に歌ってやりたい
うって変わってイケイケの応援歌といえばコチラ!

 

馬場俊英「勝利の風」
(Uta-Net 動画+)

 

 

 

 

ここまでお読みくださり、ありがとうございます。

 

 

スポンサードリンク
馬場さん応援の関連記事
  • 馬場俊英ファンクラブイベントBHC CAMP2018 in osakaに参加の感想!
  • 馬場俊英のジョギングにおすすめの曲10選 !馬場さんのこの名曲が走れる!
  • 馬場俊英inフェスティバルホールLIVE2017「街路樹」ツアー最終日レビュー!
  • 馬場俊英「弱い虫」をセカオワが!桑田さんやコブクロが認めた馬場さんの名曲も!
  • 馬場さんの泣ける曲 馬場俊英「右と左の補助輪」息子が夢に出てきた話
  • 馬場俊英LIVE TOUR 「ME AND MY STORY」
おすすめの記事
つぶやき
奥の山のほうが神戸。。。 22年前の今日、 その日のその時間、朝の5時46分、 まだ娘は4歳、息子は1歳で 3人で寝ていた朝でした。 息子...
つぶやき
晴れたなぁと思ったら急に雪が降ってきたり・・・ 冬の一日でしたよ。 さて、バレンタインデー。。。 (ここだけの話) 先日Mちゃんに部署変えを...