年齢を重ねることは

朝から電車に乗り

本部とやらへ慣れない事務仕事の研修に・・・

 

吊り皮を持って立った目の前の広告を読んでいました。

 

(画像は「神戸女学院大学Twitter」よりお借りしています)

 

23歳

 

労働は、時間か。

 

長く働くほど偉いのか。

成果をだすための

仕事になっているか。

 

はぁ~~、すごいなぁ

23歳でこんなこと考えているのか。。。

 

私もなんやかやいって15年にもなってるけど

どうなんだろうな・・・

あんまり向いてない、気が重いふうにだんだん

なってるしなぁ・・・(仕事)

 

労働もだけど、「夫婦は、時間か。」みたいな

感じだよなぁ・・・

 

 

なんて思いながらその横の方を見てみると

 

43歳

 

変化を恐れるか、歓迎するか。

 

年齢を重ねることは、保守的になることじゃない。

十年先が想像できない時代。

いま安定しているように見える選択肢は、

ほんとうに安定していると断言できるだろうか。

 

とても力強い言葉。

 

年齢を重ねることは、保守的になることだと

若い頃は思っていた。

 

結婚して仕事をやめるのはほぼ当たり前の世代。

 

当たり前のように、もう年頃だと結婚し、

当たり前のように仕事をやめて

当たり前のように子供を作り

当たり前のようにお母さんをし・・・

当たり前のように歳をとって

当たり前のようにそれなりの夫婦になり

当たり前のように隠居してのんびりと

 

なんか女性はこんな風に生きるのが

当たり前=幸せみたいな

何に刷り込まれたんだろうか、そんなシナリオ。

 

 

いや、もちろんそれで心から幸せな人はいいんです。

全然。

 

 

でも、そんな風に保守的?には生きてきたかもしれないけど、

なんだろう、なんか

なんだったのかなぁ・・・

 

 

私にとっては「保守的」になることは

「諦める」ことで、、

完全に諦めるのは少し先にすることにした。

 

 

 

確かに

安定ってなんだろう。

 

今諦めれば老後はそれなりに

安定はしているのかもしれないけど

 

それは見せかけだ。

 

十年先、想像はできないけど

心が伴っていないってのはわかる。

 

そんなのいやじゃないですか。

 

 

 

変化は恐いけど

歓迎しよう。

 

 

不安でも進むのだ。

今の歳だからこそ。

 

 

 

スポンサードリンク
つぶやきの関連記事
  • 安堵
  • いい夫婦ってどんな夫婦?
  • 離活とな…
  • 50代残りの人生をどう生きる? 本田健著「50代にしておきたい17のこと」
  • 50代ブログを書く理由で改めて思うこと 夢や想いは認めて諦めない!
  • 「継続は力なり」と「本当の強さと優しさ」を教えてくれた友人のこと
おすすめの記事
つぶやき
さて、ついに購入した新スマホの リンゴちゃんによる、記念すべき最初の投稿写真! ちょっと大きくしてみたよん♪ 空の色が前のアンドロイドとちょ...