雲間から光

雲間から光がさしていました。。

人にはそれぞれ、その人に効果的なやる気の出し方があり、
自分にぴったりのやる気の上げ方を知って
それを使っていくことで

たとえば『夢』に向かっている時に、
逃げ出してしまいたくなったり

どうにもやる気が失せてしまったりした時に
やる気を出すのに役に立つという、

「自分がやる気になるスタイルを知る」ということを
教えてもらいました。

いくつかそのタイプがあるのですが、

、私にぴったりのやる気を出す方法というのが

「罪悪感・ほめられる・少しづつやる・ご褒美」

でした。

「罪悪感」は
サボっているときに、悪いことをしているように感じてしまう、
その罪悪感から行動に移してがんばることができるタイプ。
これは結構ありますよ、
さぼったら結構後悔することが多い・・・

「ほめられる」は
ズバリそのままで、ほめられてがんばれる人。
誰かほめてくれる人がいれば一番いいけれど、
いない人は自分で自分をほめる!
ほめられると嬉しいし、がんばろー^^と思う。

「少しずつやる」
少しでも何かやることで、やる気エンジンをかけることが
できる人。
どうしてもがんばることができないとき、とにかく1分でも
やり始めれば、あとは勢いでなんとかなってしまうタイプ。

この中では私はこの方法が一番かも。
とにかくやり始めてしまえーい!みたいな・・・

「ご褒美」も
ズバリそのまま、「これを達成したら、これをやったら
○○しよう」など、自分へのご褒美が動く原動力になる人。
「これやったら1本飲もう」とか~(*^^*)

その他に「復讐」(見返してやる・・・が原動力(^^;)
「恐怖」(やらないとどうなる・・・??)
「チームを作る」(誰かとやるならちゃんとやらないと・・・)
そしてそして、

いろいろな理由をつけて実行をやめてしまう、
又は先延ばしにしてしまう・・・
そんな時には

「いま」

「この瞬間にできること」

を考える

どんな小さなことでもいいので、

いま

この瞬間に自分にできることを、たった1分でも

思い切り楽しむ。

それを

しばらく続ける。

そして少し大きなことができるようになったら
さらにそれをしばらく続ける。

この繰り返しを続ける。。。

この「今の自分にできること」を書き出して
貼り出し、実際にやったことを線で消していく。
のはいいとのこと!

これもナルホド!ですね~
これはほんと、やってみなくてはいけないね、うん。

 

そして、今日は・・・

 

「ご褒美」があります・・・^^www

 

 

いそいそと買って帰ったのは本日発売、
今話題の?!入れ込んでるコミック最新刊(はーと)

 

ご褒美の力は大きいかもです笑

 

 

 

スポンサードリンク
つぶやきの関連記事
  • 安堵
  • いい夫婦ってどんな夫婦?
  • 離活とな…
  • 50代残りの人生をどう生きる? 本田健著「50代にしておきたい17のこと」
  • 50代ブログを書く理由で改めて思うこと 夢や想いは認めて諦めない!
  • 「継続は力なり」と「本当の強さと優しさ」を教えてくれた友人のこと
おすすめの記事
嫌だなぁと・・・
つぶやき
職場で・・・ 同僚のやりとりを少し離れたところでパソコンに向かいながら 耳だけダンボにして聞いていたのですが 一人の方がすごくつんつんイ...